ボディカルって痛いの?

ボディカルやボニックみたいなEMSマシンが痛いって口コミも中にはありますね。

 

確かに私も使ってて『痛い』と思ったことはありました。

 

でもそれは、慣れてないうちに高レベルのEMSで肌にあてたからです。

 

正確には、ある程度の腹筋や筋肉が付いていなかったからです。
EMSは深層筋(内側の筋肉)を刺激するわけですから、ある程度筋肉が付いていなかったら痛みを感じることがあります。

 

それと脂肪が付いていないから痛いという場合もあります。
脂肪が少ない方、痩せ体系の方は、皮膚から筋肉までの距離が短くEMSの効力が伝わりやすいので痛みを感じることがあります。

 

ですがボディカルの弱い出力レベル(レベル1〜2)なら、
筋肉または脂肪が少なくても痛いと感じることはありません!

 

それほどまでにEMS出力レベルの5段階中の1〜2は弱い設定になっているので、基本的にはどんな人でも大丈夫です。
EMSが怖い、心配、不安な人でもレベル1なら安心して始めれますよ。

 

逆にある程度の脂肪が付いている方、つまりぽっちゃり体系の方は
脂肪により筋肉までの距離が遠いければEMSの力もその分弱まるので、慣れてきたらEMSのレベルを早めに上げていくと良いでしょう。
いつまでもレベル1で使っていてもEMSの効力が低いので、なかなか成果が出ないかもしれません。

 

このように自分にあったEMSのレベルで実践できるので、痛いと感じたらレベルを低くしたり調節できます。
私も最初はレベル1〜2で使っていましたが、1ヶ月後くらいから徐々に慣れてきてレベル3で使ってました。

 

慣れるということは筋肉が付いてくるという事です。

 

確かにレベルを上げれば上げるほど効果に期待できましたが、
苦痛を感じながら使い続けても長続きしません。
使っていくうちに慣れていくはずなので、辛抱強く地道に使っていきましょう。

ボディカルの痛いと感じる他の要因

他に考えられる要因としては、

  • ローションの量が足りない
  • 基本的な使い方を間違っている
  • 体質的にEMSが合わない

という理由が考えられます。

 

意外と多いのが、ボディカルローションの値段も高いし量もそんなに多くないので、ローションをケチって使ってる人が多いです。

 

ボディカルローションの場合は基本2プッシュほど出して使えば十分ですが、ある程度広い面積まで伸ばしてしまった場合は追加で1プッシュ出すと良いです。

 

なぜローションがたっぷり塗らないといけないのか説明すると、
ローションが少ないとEMSが筋肉までうまく伝わらなかったり、抵抗が強すぎて低温やけどをおこす恐れがでてきます。

 

皮膚は電気抵抗が強いので、
ローションを塗ってEMSを通しやすくする必要があるのです。

 

また基本的な使い方を間違っていたら、もちろん効果も薄れますし痛いと感じる原因でもあります。

 

こちらで動画を通してボディカルの使い方を説明しているので確認しましょう。

 

>>ボディカルの使い方

 

もし体質的に合わない、どんなに使っても痛いと感じた場合は
早めにカスタマーサポートに連絡して全額返金手続きをしましょう!

 

>>カスタマーサポートはこちら